まるでイラスト!?あの「ベルサイユのばら」がジュエリー絵画に

オスカルとマリー・アントワネットがジュエリーで!

ジュエリー絵画」。
1つひとつ宝石を手作業で敷き詰めて制作されます。
熟練した職人の技の賜物ともいえるこの絵画の発表会とトークショーが、本日1月22日に都内で行われました。
その絵画のテーマは漫画家池田理代子氏の名作『ベルサイユのばら』、オスカルとマリー・アントワネットを描いた8作品で、作者ご本人が「イラストでは?」と思えるほどの精緻な仕上がりだそうです。

職人さんの渾身の作、ジュエリー絵画

「ジュエリー絵画」とはパウダー状に加工した宝石を敷き詰めて描くものですべて職人さんの手作業によるもの。制作期間は約3ヶ月、今回の8作品合せて約2年間ということになります。天然石を用いるため色褪せしにくく通常の絵画で起こりがちな変色しにくいのが特徴です。
昨年には『火の鳥』『ブラックジャック』『鉄腕アトム』など手塚治虫シリーズが販売ました。
お値段は最小のXSサイズが9万8000円、最大のXL7サイズは680万円、発売は2016年2月11日です。
詳しくはこちら>>>「ベルばら」宝石敷き詰めた絵画に、発表会で池田理代子「体力続く限り描く」2016年1月22日 ナタリー

その他、ジュエリー関連 気になるおすすめニュース (2016/1/21 – 2016/1/23)
「フォリフォリ」がバレンタインのための新作ジュエリーを発売
【花嫁の支度部屋】ミナ・ジュエリーのオーダーメイドリング相談・受注会
豪華・驚きのジュエリーが「第27回国際宝飾展」に集結! 独創豊かなアジアンジュエリー




コメントを残す